<目標>
 
 脳の機能的左右差は、特にヒトなどで興味深いが、一方で様々な制約によりその研究はほとんど進んでいない。ゼブラフィッシュという、操作が簡便でかつ様々な手法的利点を持つ動物を、この機能的左右差のモデルとして用いることにより、脊椎動物全体に対して十分なインパクトを持つ研究が期待できる。私はこの研究を通じて、脳の機能的左右差の分野における革新的発見を目指したい。
<研究>

 ゼブラフィッシュにおける手綱核は、間脳の背側に位置する左右非対称な一対の神経核である。その機能は未だ不明な点が多い。また、脊椎動物全体を通じて、脳の機能的左右非対称性における分子メカニズムはほとんど研究されていない。一方でゼブラフィッシュの手綱核においては左右非対称に発現する遺伝子が複数見つかっており、機能および分子メカニズムを研究する上で非常に有利だと考えられる。そして、この神経核の生理的役割およびその機能を担う分子メカニズムを解明することは、手綱核、及び脳の左右非対称性の研究において非常に意義深い。それらの解明に向け、現在は遺伝子操作技術を用いたゼブラフィッシュの手綱核特異的な組織破壊と特異的な遺伝子発現を目指して、実験を進めている。

研究者のページへ
研究のページへ
メンバーのページへ

揚妻正和